nanoMacro

「ミクロ」と「マクロ」 視点の往復運動

【Photoshop 】トヨタ・スープラ JZA80

こんにちは。NDX9です。

 

先日の「トヨタ・スープラ JZA70」に続いて「JZA80」です。

以前に描いた色鉛筆画をPhotoshopで再加工しました。

f:id:ndx9:20171106222848j:plain

トヨタスープラ 色鉛筆画 + Photoshop
f:id:ndx9:20171106223254j:plain
f:id:ndx9:20171106222848j:plain
左から「オリジナル」「今回」

1993年のデビューです。

バブル終盤。フェアレディZスカイラインGT-RNSXGTOなど、高性能で魅力的なスポーツカーが続々と登場していた時代。

トヨタから満を持して登場したのが、このスープラでした。

期待に違わぬ、インパクトのあるスタイル。

自分はセクシーなリヤ周り、この絵に表現した部分が特に好きです。

・神経を高ぶらせる、丸目4眼のテールランプ。

・走りの本気度を、美しい迫力ある造形で具現化した大型リヤスポイラー。

・リヤスポイラーなしでも、流麗で優雅なハッチバックドアのテールエンド。

・そして、タイヤとともに、グイっと張り出したクォータパネル。

当時、3Dモデリングはおろか、CADもろくに発達していなかった時代、よくもこんな曲面がうねりまくった工業製品ができたものです。

純粋に関心します。

 

今回は以上です。