nanoMacro

「ミクロ」と「マクロ」 視点の往復運動

【Photoshop 】トヨタ・スープラ JZA70

こんにちは。NDX9です。

 

最近は、昔の動画を見ることが手軽にできるようになっていますよね。

自分もよく楽しむのですが、かなり古い映像を検索することもあります。

ただ、ようやく動画を探し当てて実際に観てみると、記憶の中の印象と異なることもしばしばあったりします。

余談ですが、一眼レフカメラの世界では、NICONは「記録」画質、CANON「記憶」画質なんて言われ、その違いがカメラ選択の理由になったりもするようです。

 

1980年代に放映されたトヨタスープラのCMのワンシーン。

YouTubeに残る「記録」も楽しいのですが、「記憶」の再製をするために色鉛筆の手描きで時間をかけて作品を作ったことがあります。

今回は、その作品をPhotoshop で更に鮮明にしたくなりました。

f:id:ndx9:20171103000548j:plain

トヨタスープラ 色鉛筆画+Photoshop
f:id:ndx9:20171103000822j:plain
f:id:ndx9:20171103000548j:plain
左から「オリジナル」「今回」

1980年代の名車です。

そのデビュー当時のCMは、ファンがスープラに抱く期待とイメージをとてもかっこよく紡ぎ出しており、傑作だと思いました。

トヨタ3000GT」と紹介され、殿堂入りの名車トヨタ2000GTを想起させるサブネームもセンスの良さを感じました。

今開催中の東京モーターショーでも、その復活が話題に上っていましたね。

その登場に期待したいと思います。

 

今回は以上です。