nanoMacro

「ミクロ」と「マクロ」 視点の往復運動

Canon EOS Kiss X9 ライブビュー撮影について

こんにちは。NDX9です。

 

X9 を購入して約4ヶ月が経ち、撮影にも少し慣れてきました。

ndx9.hatenablog.com

 

今日は「ライブビュー撮影」に関し、思うところがあったので記事にしてみました。

 

1.なぜ、X9に興味を持ったのか?

「ミラーレス一眼」の進化には目覚ましいものがあります。

「小型」というメリットは言うに及ばず、「連射」を始めとするカメラの基本性能においても従来の一眼レフを凌駕しつつあります。

なのに、何故X9に興味を持ったのでしょうか?

購入に際して、随分迷いました。

比較の対象になったのは、SONY α6000, α6300 あたり。

コンパクトで品質感も高く、写りも満足できそうでした。

更に連射性能は群を抜いている。

そのような購入候補がありながら、何故X9を選ぶ必要があるのか?

自分は上手く説明できませんでした。

大手家電量販店に毎日のように通い、売り場をウロチョロし、あれこれ堂々巡りを繰り返していました。

 

2.なぜ、X9を買ったのか?

そして、X9に決めました。

決め手になったのは、迷っている自分に対しての店員の一言。

「感覚的な話になりますが、一眼レフの場合は『撮影するために旅に出かけよう』。ミラーレスの場合は『旅に出たついでに撮影をする』と言う意識になります。その感覚は、『ファインダー越しに生の実風景を切り取ってシャッタ^を押す』と言う行為の性質に関連しているようです。」

 

この言葉、とても腹に落ちました。

 

そう、なぜ自分は新しいカメラを買おうとしているのか?

何を求めて新しいカメラを買うのか?

新しいカメラで何を得たいのか?

 

自分が美しいと思った光景を、その印象(記憶)のまま持ち帰りたい。

決して「自分がいつどこに行きました」といった、単なる「記録」を残したいのではない。

そのためには、シャッターを押すその瞬間に「自分自身の網膜に」「生で投影された景色」を感じている必要がある。

CMOSで変換された景色」を見ていては、そういう感覚になり得ない。

 

そう判断し、X9に決めました。

 

3.購入後

購入時の狙い通り、自分が美しいと思った光景を「記憶」としてとどめる行為に何千回と浸り満足してきました。

ところが、その思いを揺るがすようなシチュエーションに度々遭遇することになりました。

自分の子が少年野球をやっていることもあり、我が子の活躍シーンを撮るためにシャッターを押す機会は多いです。

ヒットを打った瞬間のシーンや、ゴロを捌いて送球するシーンは上手く撮れるととても満足感があります。

ndx9.hatenablog.com

 

 ところが、それらを撮るためにファインダーを覗いていると、上手な写真は撮れるのですが、その場の臨場感、興奮は全くといっていいほど味わえません。

これでは、「感動の瞬間を撮る」と言う目的に対し、本末転倒な行為になってしまいます。

投手が投げた球の行方、その球を打者が快音とともに打った打球の行方、相手チームの反応、応援の方々の盛り上がり、、、

そういった視覚情報を捨てて、ファインダー越しに我が子が打つ瞬間だけ見つめていても、本来の感動はありません。

 

4.ライブビュー撮影

そこで、ライブビューの出番です。

 

正直、ライブビューにはあまり多くを求めていませんでした。

X9ライブビューに力を入れているということもネットなどで知っていましたが、あまり気に留めていませんでした。

確かに撮影に必要な各種操作もライブビュー画面で行うととても便利になっています。

ただ、早くなったといっても、AFは比較的遅くなるし、連射速度も落ちる。

スポーツにはとても使えないな、と印象で決めつけていました。

しかし、上記のようなシチュエーションをライブビューで撮影すると、とても良いということに気づきました。

カメラはバッターの方に向けたまま、眼はファインダーから外し、視界はプレーに集中し、臨場感を感じながら応援することができます。

右手親指だけ、打つ瞬間にシャッターを押すだけであれば、試合観戦の没入感は損なわれることがありません。

シャッターの瞬間、画角を確認していないので構図がずれますが、多少のずれは画像補正ソフトでなんとでもなります。

連射速度の低下による劇的瞬間補足力は落ちますが、ひと押しのタイミングは繰り返すうちにコツがわかってくるものです。

 

4.結論

ライブビュー撮影はスポーツ観戦の臨場的感動を損なうことなく撮影するための強力な手段となり、「記憶」を持ち帰るという本来の目的に合致するモードだということがわかりました。

なら「ミラーレス」でいいじゃん、という説もあります。

正直、上記のようなシチュエーションなら、ミラーレスの方が良いと思います。

ただ、写真撮影は他のシチュエーションもあるわけで、例えば風景の記憶を持ち帰るときには、やはりファインダー越しに見る生の光を感じながら、シャッターを押し、「記憶」を持ち帰りたいと思うのです。

 

ミラーレスに光学ファインダーがついていれば、、、では意味がありませんね、、、

 

今回は以上です。

 

 

 

 

 

トム・クルーズ 〜 マイノリティ・レポート

こんにちは。NDX9です。

 

トム・クルーズ主演の傑作「マイノリティ・レポート」のワンシーンです。

先回の「CTU:ミシェル・デスラー」に匹敵する緊迫したシーンです。

Photoshop で同様な加工をしました。

f:id:ndx9:20171119223911j:plain

Tom Cruise in Minority Report

2002年公開のこの作品。

このシーンがどうなるのかを観たくて映画館に足を運びました。

 

犯罪予防局の刑事本人が殺人の犯人だと予知された時、一体どういう事態になるのか?

現在の自分にはありえない未来に、一体何が待ち受けているというのか?

その時、自分はどういう行動に出るのか?

 

その瞬間まで、ぐいぐいと感情が引きずりこまれます。

 

そして、ついにその瞬間が、、、

予知された状況を迎えてしまう。

なぜそのような予知がされたのか理解してしまう。

予言は正しかった。

そして彼は選択をすることになる。

予知された運命の通りになってしまうのか、それとも、、、

 

ここでトム・クルーズが最高の演技を見せてくれます。

トムの究極の葛藤に、完全に感情移入。

その行動に激しく心を動かされます。

 

その後、物語は意外な展開になってゆきます。

これでで、彼も救われ、観客も救われることになります。

ただ、この展開はもう少しシンプルにした方が、このシーンの重みが強調され、より印象に残る名作になったかも、とも思います。

 

いずれにしても、素晴らしい作品でした。

 

 

今回は以上です。

CTU:ミシェル・デスラー 〜 「24」シーズン3

 

こんにちは。NDX9です。

 

海外TVドラマシリーズの最高傑作「24」

その中でも、最も緊迫したシーンの一つを鉛筆で描いたものです。

Photoshop で少し加工を加えました。

f:id:ndx9:20171118203341j:plain

Michelle Dessler in 24 season 3 at around 5:00 A.M.

「どのシーズンがベストか?」については、海外のファンの間でも議論が白熱していました。

自分は、「シーズン3」推したいと思います。

 

特にこのシーン。

生物兵器を持つ犯人の一人を追跡し、あるホテルに侵入するミシェル

犯人を追い詰めるも、致死性病原菌ウィルスは空調設備を介してホテル全体にばらまかれてしまう。

真夜中の騒ぎに、何も知らずにぞろぞろ出てくる宿泊者たち。

ミシェルは宿泊者たちに、自分がCTUであることを明かし、ホテルの外にウィルスが撒かれたので危険だから、ホテルから出るなと説明する

突然鼻血を出し倒れる宿泊者。一人二人と増えて行く。

ウィルスはホテル内にあると気づき、パニックになる宿泊者。

ホテルの外に逃げ出そうと、ガラスを叩き割る宿泊者の男。

一人でもホテルの外に出れば、拡散被害の深刻さは甚大。

宿泊者を銃で脅す。

連邦機関であるCTUが、罪のない一般人を撃てるわけがないと叫ぶ宿泊者の男。

再度、銃の安全装置を外して脅すミシェル

その緊迫したシーンです。

 

その後、それまでの常識的なドラマではありえない展開につながってゆきます。

このドラマを通じて、テロとの戦いがどんなものか一般人の間に浸透したところもあると思います。

 

今回は以上です。

 

マツダ・ロードスター

こんにちは。NDX9です。

 

マツダ・ロードスターの写真をPhotoshopで加工して見ました。

f:id:ndx9:20171116232217j:plain

マツダ・ロードスター

衝動的に購入したばかりで、ドライブに出かけた時の写真です。

衝動的と言っても、「衝動買い」とは呼びたくありません。

なぜなら、何年も車の購入を考えてきた末の結論だからです。

新車が出ては「これじゃない・・・」を何度も繰り返した暁に、心から出た「これだ!」だからです。

2年経った今でも飽きるどころか、どんどん愛着が深くなっています。

乗るたびに「買ってよかった。持っていて幸せ。正解だった。」思います。

それほどに、細部にわたってよーく意匠・設計されています。

このクルマがいかに傑作なのかは、語ればきりがありません。

が、一つだけネットなどであまり書かれていない、自分なりに美点と思う点をあげるとすれば、「ATのつくりの良さ」です。

ロードスターといえば、もちろんMTですが、ATでも手を抜いていません。

むしろ、ATでのMモード、パドル併用の走りをとてもよく理解して作られており、これもありだなと十分思わせてくれる感じです。

MTが良いのは、誤解を恐れずにいえば「当たり前」です。

ATといえども手を抜いていないところに「職人技」を感じ、職人の作った工芸品を所有していることに満足感を感じるのです。

素晴らしい!

 

今回は以上です。

 

 

【Photoshop 】ランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスター

こんにちは。NDX9です。

 

ランボルギーニアヴェンタドールロードスター」です。

これも、以前に描いた色鉛筆画のPhotoshopで再加工トライです。

色鉛筆で描いた時も、スピード感を強調するために背景をぼかすようにしていました。
色鉛筆で塗った後に、ティッシュや脱脂綿で「こする」とイイ感じでボケてくれます。

今回は、Photoshopの力を借りてスピード感を強調して見ました。

時速200キロ以上出ているように見えるでしょうか?

f:id:ndx9:20171111193752j:plain

ランボルギーニアヴェンタドールロードスター 色鉛筆画 + Photoshop
f:id:ndx9:20171111193936j:plain
f:id:ndx9:20171111193752j:plain
左から「オリジナル」「今回」

特に思い入れがあるわけではありませんが、純粋にかっこいいと思います。

子供がこの車のダイキャストのラジコンを持っていたのですが、スケールモデルとはいえ所有欲のようなものを満たしてくれるのがわかりました。

「手に入れたい」、「所有していて嬉しい」カタチというのは存在し、この車はその条件を満たしていると自分は思います。

特に、オープンモデルが好きです。

 

今回は以上です。