nanoMacro

「ミクロ」と「マクロ」 視点の往復運動

ポートフォリオサイト「nano Macro 」オープン!

こんにちは。NDX9です。

ポートフォリオサイトをオープンしました。

nanoMacro

作品を整理して保管する場所として役立ちそうです。

よろしければ、そちらもご覧下さい。

 

今回は以上です。

Photoshop CC メジャーアップデート!

こんにちは。NDX9です。

Adobe CC がアップデートされたようです。

速攻でインストールしました。

待望の「手ぶれ補正」が追加になりました!!!

先日「Hej Stylus!」を購入してしまったので、もう少し待てばよかったかも。

とはいえ「純正標準搭載」を歓迎したい気持ちの方が大きいです。

これでまた作画技術の未熟さをカバーしてくれる機能がついて、創作意欲が湧いて来ました。

他にも、3Dの「球パノラマ」とか、宣伝していなくても面白そうなツールがいっぱいありそうです。

以前アップロードした「戦闘機」を更にクォリティアップしましたので、再投稿します。

Before

f:id:ndx9:20170926000330j:plain

Jet Fighter - Before -

After

f:id:ndx9:20171019234043j:plain

Jet Fighter - After -


「逆光」フィルターをいくつか使用し、キラキラ感を。

機体の分割線を描き足し、リアリティをアップ。

エヴァンゲリオン「NERV」マークを合成し、デコレーション。

 

今回は以上です。

ギターを弾く女性の手描きスケッチをPhotoshopでクォリティアップ(カラー)

こんにちは。NDX9です。

今回の題材は、「ギターを弾く女性」です。

ギターを弾いている女の人って、素敵じゃないですか?

アコースティックでもエレキでもどちらでも、とてもカッコいいと思います。
どちらかというとエレキ、しかもヘヴィメタ系のリフなんか決められるとたまりません。

ピアノは自然すぎ、なんの感動もありません。吹奏楽木管系なら良いですが、金管系はあまり似合うと思えません。ドラムは、せっかくの魅力が出せずもったいないと感じます。

作品はクイックスケッチに近いですが、お許しください。

Before

f:id:ndx9:20171012225134j:plain

Guitar Lady - Before -

After(mono)

f:id:ndx9:20171012225139j:plain

Guitar Lady - After(mono) -

After(color)

f:id:ndx9:20171012225144j:plain

Guitar Lady - After(color) -
f:id:ndx9:20171012225134j:plain
f:id:ndx9:20171012225139j:plain
f:id:ndx9:20171012225144j:plain
Before vs After



今回は以上です。

ある女性の手描きスケッチをPhotoshopでクォリティアップ(カラー)

こんにちは。NDX9です。

今回も題材は、「女性」です。

デジ塗の世界で一歩成長したいため、性懲りもなく同じテーマです。

経験値アップのため、同じ様なテーマでひたすら一歩ずつ新しいことをトライしています。

小さな一歩一歩ですが、作戦を立ててから作画に取り組むと、速く色々な知識を覚えることができます。また、覚えた知識を組み合わせ、突然上手な描き方がわかったりします。その瞬間がとても気持ちいいのです。

ということで、訪問してくださった方には申し訳ないのですが、いつか見せるレベルの絵を描ける様になるまで、もう少々お付き合いください。

今回は、色数を増やし、ハイライトを加えるなど、ディテールに少しだけこだわって見ました。

Before

f:id:ndx9:20171011221550j:plain

A woman - Before -

After(mono)

f:id:ndx9:20171011221702j:plain

A woman -After(mono)-

After(color)

f:id:ndx9:20171011221539j:plain

A woman -After(color)-
f:id:ndx9:20171011221550j:plain
f:id:ndx9:20171011221702j:plain
f:id:ndx9:20171011221539j:plain
Before vs After

今回は以上です。

ある女性の手描きスケッチをPhotoshopでクォリティアップ(カラー)

こんにちは。NDX9です。

今回も題材は、「女性」です。

前回と同じ方法でデジ塗りしてみました。

Before

f:id:ndx9:20171008224921j:plain

A woman -Before-

After(mono)

f:id:ndx9:20171008224926j:plain

A woman -After(mono)-

A woman -After(color)-

f:id:ndx9:20171008224932j:plain

A woman -After(color)-

加工方法

前回もそうでしたが、原画の段階でレタッチを行なっています。
「覆い焼き」ブラシ、「焼き込み」ブラシで、髪の毛の乱れをと整えています。普通にペイントブラシで塗ってもいいのですが、これらのレタッチブラシの方が、原画のタッチを残すことができます。
 
色塗りはは悪くないのですが、どこかしっくり来ません、、、
ソフトライトレイヤーの下で塗っていることで、塗っている色がソフトライトの影響を受けてしまっています。きっと、もっとダイレクトに心地よい塗り方があるはずです。
探求は続く。

 

今回は以上です。

 

ある女性の手描きスケッチをPhotoshopでクォリティアップ(カラー)

こんにちは。NDX9です。

今回の題材は、「女性」ですが、初めてのデジ塗りに挑戦してみました。

 
Before

f:id:ndx9:20171007231949j:plain

A woman - Before -
After(mono)

f:id:ndx9:20171007231958j:plain

A woman - After(mono) -
After(color soft light mix)

f:id:ndx9:20171007232004j:plain

A woman - After(color soft light mix) -
After(color harf light mix)

f:id:ndx9:20171007232010j:plain

A woman - After(color hard light mix) -

加工方法

自分としては初めてカラーに挑戦しました。
原画の段階で色鉛筆を使っての塗りはしたことがあるのですが、デジタルでの色塗りは何度もうまくいった試しがありませんでした。
ここしばらくPhotshopを使っていて、操作などに慣れて来てふと塗ってみることを思い立ったのですが、少しコツの様なものがわかった様な気がします。
 
今回試したポイントは、
・色の選択に「カラーライブラリ>PANTONE」を使用。(これまでは、独力で選んでいました。無限に広がる色空間から素人が選ぶのですから、うまく行くはずないですね、、、)
・ブラシの不透明度、流量を50%以下に抑え、エアブラシ効果をONに。
・塗りモード「乗算」で重ね塗りをし、陰影をつける。
 
これだけでかなり気持ちよく塗ることができました。
レイヤーの合成モードは、「ハードライト」の方が良い結果になりました。「ソフトライト」でも塗りがしっかりしていれば、特に問題ないはずなのですが、きっと塗りの繊細さが甘いためと思われます。
ここは、もっと経験を積む必要がありそうです。
 
 今回は以上です。

ある女性の手描きスケッチをPhotoshopでクォリティアップ

こんにちは。NDX9です。

今回の題材は、「ある女性です。

自分の彼女と言うわけではありません。

元絵の画質がとても悪い例として使用しました。

Before

f:id:ndx9:20171006232253j:plain

ある女性 Before

After

f:id:ndx9:20171006232300j:plain

ある女性 After
f:id:ndx9:20171006232253j:plain
f:id:ndx9:20171006232300j:plain
Before vs After

加工方法

背景のゴミは消しゴムで消したのですが、顔の中の汚れは下手に消すと陰影のディテールまで消えてしまうので危険です。

そこで「ノイズ低減」を2回フルにかけ、「鮮明度」を落としてトドメを刺しました。

色が影響を受けて紫がかってしまいましたが、今回は放置しました。

でもなんとかモデルの雰囲気、元絵の陰影を残しつつそれなりになったのではないでしょうか?

 

今回は以上です。